作品への想い

遠い昔、聖徳太子の時代から

現在まで残ってきた組紐

今では、和装、お守り、厄除に使われるが

コロナ時代だからこそ身を守るものとして

武士が戦に使用した甲冑の様に

その纏う人への想いや、願いを備えた

用と美を兼ねた芸術品として

先人たちの叡智を活かし

現代でもお役立てください。

 

お守りのようなアクセサリー として

自身を守り、着飾ることで

心にも活力と心地の良い状態へ

あなた自身の直感を信じて

 

自分らしい人生を歩みましょう

 

 

HP https://www.h-ito-mi.jp/ instagram(生活/食/組紐) https://www.instagram.com/isawahitomi/ twitter(尻トレ日記)https://twitter.com/kumihimo_isawa Facebook (シェア) https://www.facebook.com/isawahitomi/ アメブロ (子育て)https://ameblo.jp/kumihomo つなぶろ(日記)https://blog.shoubainin.com/?author=8